消費者金融でのキャッシング、どうすれば良いの?

消費者金融は簡単便利に利用できると聞きますが、消費者金融でキャッシングしたいと思ったらどうすれば良いのでしょうか。

まず消費者金融を利用するためには申し込みをする必要があります。そして、申し込みをすれば誰でもすぐに利用できるようになるというわけではなく、利用できるまでには審査があるのです。利用できるまでの流れとしては、申し込み・仮審査・必要書類提出・本審査・カード発行、というのが一般的です。

まず、申し込みをしましょう。申し込みでは氏名や住所・勤務先や年収を記載します。この基本情報をもとに仮審査が行われます。仮審査は人が行うというよりはコンピュータによって機械的に審査が行われることが多いようです。この年齢でこの年収があれば貸せるだろう、と各消費者金融の基準でふるい分けられるのです。もちろん審査ですから、当然ここで落とされてしまう人もいます。

仮審査に通れば本審査です。本審査前には必要書類の提出があります。本人確認を行うための身分証明書と、場合によっては収入を証明する書類の提出を求められることもあるでしょう。この必要書類と申し込んだ人の信用情報を確認して、お金を貸すことが可能か、いくらまでなら貸せるかということを判断します。

無事本審査もパスできればカードが発行されてキャッシングが利用できるようになります。キャッシングは申し込んだ消費者金融のATMを利用するか、提携ATMを利用することになります。24時間利用できるATMも増えてきていますから、時間を選ばずに引き出せるのは便利ですよね。

基本的な流れを書きましたが、申し込む消費者金融によって若干の違いがあることがあります。申し込みたい、と思った時には必要書類についても含めて一度問い合わせてみるのが確実でしょう。